2024年2月16日金曜日

○● くらしの安心・安全ネット・いろいろ情報便 第770号●○

 京都府消費生活安全センターからの情報便です

  いろいろ情報便 2月16 第770   こちらより、ぜひご覧ください

 

   62回 全国消費者大会の開催について    

~全国消費者団体連絡会からのお知らせ~

   その警告画面は偽物! サポート詐欺に注意 

~国民生活センターからのお知らせ~

   格安の排水管高圧洗浄サービスのはずが…思いがけない高額請求に

       ~国民生活センターからのお知らせ~ 

   その資産運用、特殊詐欺かも!?       

~京都府警察本部特殊詐欺対策室からのお知らせ~

2024年2月6日火曜日

○● くらしの安心・安全ネット・いろいろ情報便 第769号●○

 

京都府消費生活安全センターからの情報便です

  いろいろ情報便 2月2日第769号  ☜ こちらより、ぜひご覧ください

 

   硬い豆やナッツ類をはじめとする食品での窒息や誤嚥に注意! 

                     ~消費者庁からのお知らせ~

   通信販売はクーリング・オフできません   ~国民生活センターからのお知らせ~

   SNS上の投資グループで勧誘される詐欺的なFX取引トラブル 

    -その仲間、信じて大丈夫?-   ~国民生活センターからのお知らせ~                

   令和6年能登半島地震に関する注意喚起 震災に便乗した悪質事犯にご注意         

                      ~京都府警特殊詐欺対策室からのお知らせ~

2024年2月2日金曜日

「府老連きょうと」令和6年2月号を発行しました

 「府老連きょうと」令和6年2月号を発行しました。

ホームページの「広報誌 府老連きょうと」にも掲載しましたので、ぜひご覧ください!




2023年11月24日金曜日

若手リーダー研修会「公式ワナゲ京都府大会」で熱戦‼

 府老連では、平成30年度の「京都府大会」、令和元年度の「京都府交流大会」と公式ワナゲ大会を実施してきましたが、今年度は4年ぶりに「公式ワナゲ京都府大会」が開催されました。

1121日に八幡市民体育館で開催された大会には、58チーム290人の選手と、約50名の役員や応援、計340名が参加し、大きな声援の中、熱戦が繰り広げられました。

優勝をめざしてどのチームも真剣そのもので、一投ごとに大きな歓声が上がり、熱気につつまれた大会となりました。

90歳以上の選手も参加されており、公式ワナゲは年齢に関係なく楽しめるゲームといえます。また、晴雨を問わず、少人数でもできます。これからもゲームを通じて、仲間づくり・健康づくりの輪を広げていきましょう。


2023年11月14日火曜日

第52回全国老人クラブ大会(秋田県)に参加しました

 11月8日・9日に秋田市で「第52回全国老人クラブ大会」が開催されました。参加者は全国から約1,400名、府老連からは橋本会長はじめ、5名が参加しました。


1日目 式典・開催地活動発表

●式典

全老連会長表彰では、山本 淳やすらぎクラブ長岡京元会長が育成功労者として、福知山市の平野町四ツ葉会が優良クラブとしてそれぞれ表彰されました。

●開催地活動発表

秋田県老連では、平成8年度から芸能発表を中心とした「老人クラブ文化祭」を開催されています。今年度は、全国大会に合わせて開催となり、歌、舞踊、民謡、対話劇、スコップ三味線、ファッションショーなど多種多様な内容で、秋田県内各地から集まった10組の会員の皆さんが日頃の練習の成果を発表されました。それぞれ熱のこもった発表に、会場から大きな拍手が送られました。


第2日目

●パネルディスカッション「地域支え合い活動を広げよう」

老人クラブでは、大きな活動の柱の一つである「友愛活動」として、地域の支え合いにつながる取り組みを推進しています。

今回は、こうした取り組みの成果を含め、地域の一員としての老人クラブが取り組む支え合い(友愛活動)について、秋田県、横浜市、山口県の各老人クラブから活動発表が行われました。その後、コーディネーターの池田昌弘さんから、発表を聞いて気付いたこととして、老人クラブ活動の多様性、幅の広さ、奥の深さに感動!したこと、コロナ禍で「集める」から「集まる」に変化し、「つながり・気にかけ・支え合う」になっていること、事例はいずれも会員外も対象とし、世代を超えた取り組みとなっていることの3点を挙げて、「つながり」を大切にしている老人クラブの活動が、孤独化孤立化している社会において「最後のとりで」との力強いお話がありました。

私たちが日頃から取り組んでいる活動は素晴らしいものであると再認識し、人と人とのつながりを大切にする必要があるからこそ、会員獲得に取り組んでいることは大切だと感じました。

来年度の全国大会は、神奈川県老連と川崎市老連の共同開催です。

2023年10月12日木曜日

「第44回京都府老人クラブ大会」を開催しました

 1011日(水)、京都テルサで、府内23市町老連から223が参加して開催されました。午前の「式典」では、橋本府老連会長のあいさつの後、「知事表彰」及び「府老連会長表彰」が授与され、続いて、ご来賓の西脇京都府知事、石田府議会議長から、高齢社会における老人クラブへの温かい激励のお言葉をいただきました。

 最後に、井手口副会長が「大会宣言」を提案し、満場の拍手で承認され式典を終了しました。

午後は、「人生100年時代 笑いの効能で長生きしましょう」と題して、雲迎寺住職で落語家でもある久志則行氏に講演をしていただいきました。会場と面白おかしくやり取りすることで参加型の講演でもあり、また、軽妙な語り口で会場を笑いの渦に巻き込むなど、参加者の皆さんに大変好評でした。

最後は会場のみなさんで「青い山脈」を合唱し、大会は盛会裏に終了しました。

2023年10月3日火曜日

「女性リーダー研修会(丹波ブロック)」を開催しました

9月28日に、丹波ブロックの5市町から女性リーダー等81名が参加して、伊根町方面を視察しました。

舟屋が高台から一望できる「道の駅 舟屋の里伊根」に集合。「伊根湾巡り遊覧船」で舟屋が軒を連ねる様子を伊根湾内から楽しみました。

昼食会場では、各市町老連の代表者より、女性部の活動内容や取り組みについての報告を聞き、美しい海を見ながら交流を深めました。担当老連の南丹市からは「手作り押絵マグネット」のプレゼントがありました。

昼食後は2班に分かれて、「ふるさとミュージアム丹後」に移動し、国分寺跡から天橋立を横一文字に眺めながら発掘調査の説明を、館内では丹後の歴史と文化を学芸員の方からしていただきました。江戸時代の大庄屋の「旧永島家住宅」も同時に見学。昭和時代の農機具など、子供のころになじみのある道具などもあり、懐かしいねと皆で話が弾みました。

また、海産物屋やワイナリーの買い物なども楽しみました。

来年度の担当は福知山市老連です。