2022年7月21日木曜日

7月20日「市町村老連リーダー研修会」を開催しました

720日(水)にハートピア京都で開催し、21市町老連から102名が参加しました。 

当日は、府老連橋本会長のあいさつの後、100まで生きる覚悟~生きがいづくりから身じまいまで」と題して、元松山大学教授の春日キスヨ先生から講義をいただきました。

「人生100年時代」といわれて久しいですが、ピンピンコロリといける人は1割しかいないのが現実、最後まで生き続けるためには何が必要か、頼れる人はだれか、地域でのつながりをどう保つか。そのためには「3つのきん」① お金 筋肉 近所力 が必要など、私たち高齢者がこれから準備するべきことを、わかりやすくお話いただきました。

続いて、「笑って 笑って、健康寿命もアップ! 」と題して、落語家の桂三扇(かつらせんせん)さんから楽しく元気のでるお話をいただきました。福知山市出身の三扇さんは「福知山音頭」の出囃子で登場。親を介護する年代の立場からのお話や、シルバーウェディングの落語、そして南京玉すだれと、盛りだくさんであっという間の40分でした。

最後に、府老連の柳田副会長から挨拶があり、研修会を終了しました。 

 

2022年7月15日金曜日

「府老連きょうと」令和4年7月号を発行しました

 「府老連きょうと」令和4年7月号を発行しました。

ホームページの「広報誌 府老連きょうと」にも掲載していますので、ぜひご覧ください。


           

2022年7月7日木曜日

令和4年度「近畿ブロックリーダー研修会」に参加しました

 コロナ禍で中断し、3年ぶりの開催となる「近畿ブロック老人クラブリーダー研修会」が、630日、大阪府社会福祉会館で開催されました。

近畿地区から198名、府老連からは19名(男性11名、女性8名)が参加しました。

「コロナ後の新たな老人クラブ活動」を見据えて、各府県の取組事例が発表されました。

 

午後の分科会では、4会場に分かれて討議があり、第2分科会「つながりを絶やさない友愛活動の推進」では、福知山市老連の根垣万里子福祉友愛部長が「在宅を支える相互支援事業~私たちに出来ること」と題して事例発表を行いました。コロナ禍で、多くの高齢者が家に閉じこもりがちになるなか、①会員と単位クラブのつながりを維持し、②社会に貢献できることは…と考え、タオル1枚運動を復活したことなどを発表されました。

また、「ICT(情報通信)を活用した活動」の第4分科会では、与謝野町老連理事の井上正則さんが座長を務めました。

3年ぶりの開催とあって、いずれの分科会も活発な意見交換がなされ、都道府県間の交流も深めました。

来年度は兵庫県で開催されます。



2022年6月10日金曜日

会長就任のごあいさつ

 

  (一財)京都府老人クラブ連合会             
        会長 橋本 俊次

山々の緑も色濃く、空には夏雲の漂う季節となりました。会員の皆様には、益々ご健勝にてお過しのこととお喜び申し上げます。

日頃は、京都府老人クラブ連合会の運営に、格別のご理解とご協力を賜り、厚くお礼を申し上げます。

私、このたび、去る5月に開催されました理事会におきまして、理事の皆様方のご推挙をいただき、はからずも再び、本会の会長を務めさせていただくことになりました。今さらながらその責任の重大さを痛感しているところであります。

微力ではございますが、役員の方々をはじめ、経験豊かな会員皆様のご協力を賜りながら、本会の更なる発展のために全力を傾注してまいりますので、変わらぬご支援ご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

さて、長引くコロナ禍の影響を受け、市町村老連では、約2年半にわたって活動の自粛を余儀なくされ、このため、新規加入者を確保することが難しくなる一方、活動の停滞により、会員の退会やクラブの解散など、極めて厳しい状況が続きました。

こうしたなか、府老連の会員数は、4,518名の大幅減となり、9.4%の減少率は、府老連始まって以来の過去最大の減少となりました。危機的な状況の中で、クラブの解散・退会の防止に全力を挙げ、会員数を減らさない取組が最重点の課題となっています。     

新型コロナもようやく落ち着きつつあり、会員皆様の意識も徐々にウィズコロナ・アフターコロナへと移りつつあります。

府老連としましては、コロナ禍を理由に安易に事業の自粛や中止を選択しないよう、また、活動の停滞や気力の低下を招くことがないよう、「感染防止と健康維持の両立」をめざした取組を呼びかけてまいります。

コロナ禍の収束が見えない時節柄ではありますが、これまで同様、感染予防を講じながら、人と人との交流の機会を増やし、健康寿命を延ばして「人生100年時代」を楽しく元気に過しましょう。

最後になりましたが、各市町村老連の益々のご発展と会員皆様方のご健勝をご祈念申し上げまして、私のごあいさつとさせていただきます。

府老連の新体制がスタートしました

  531日に開催されました「第179回理事会」で府老連役員(正副会長)の選任が行われ、現会長の橋本俊次 宮津市会長が再任されました。また、副会長には森口京丹後市会長が再任され、新たに柳田京田辺市会長、林亀岡市会長、井手口女性委員長、大道若手委員長が選任されました。

選任後のあいさつで、橋本会長からは、「新型コロナもまだまだ油断ができませんが、府老連の事業を停滞させることなく、4年度の事業計画を着実に実行し、また、「会員増強」についても、これ以上減少しないよう何とか歯止めをかけましょう!」とあいさつされました。

       第179回理事会              新正副会長


一方、女性委員会では、新たに亀岡市老連の井手口委員長が、若手委員会では綾部市老連の大道委員長がそれぞれ選任され、両委員会の新しい役員体制がスタートしました。

役員の任期は、令和6年5月の定時評議員会までの2年間となります。

  

      女性委員会 新役員           若手委員会 新役員

「京都府消費生活安全センター」からのお知らせ

 517日(火)にハートピア京都で開催されました「第178回理事会」において、京都府消費生活安全センターの木戸相談員から、「悪徳商法・詐欺が高齢者を狙っています!」と題して、高齢者の消費者被害について、府内の現状と被害にあわないための対応を、わかりやすくお話しいただきました。

その概要について紹介します。


■高齢者の消費者トラブルの特徴

悪質事業者は高齢者の不安3K、「お金の不安」、「健康の不安」、「孤独の不安」を狙っています。

一方、高齢者は、情にもろく、優しい言葉で誘う人を信じ込むなど、騙されたことに気付きにくい傾向があります。また、被害に遭っても「恥ずかしい。」「知られたくない。」と思って、相談しない傾向があります。


■高齢者に多い消費者トラブル

60歳代以上から寄せられる相談は「通信販売」が最も多く、年齢が上がるにつれて「訪問販売」や「電話勧誘販売」が多くなっています。

 

■トラブルに遭わないために

消費者トラブルは人ごとではありません。自分は大丈夫と思い込まず、日頃からいろいろな消費者トラブルについて知っておきましょう。また、高齢者のトラブルを防ぐには、周囲の方の見守りも重要です。不審な電話を受けた時の対処方法や、どこに相談するのかなどを周囲の人と話し合っておきましょう。

不安に思った場合やトラブルになった場合は、できるだけ早く最寄りの「消費生活相談窓口」に相談してください。


2022年3月14日月曜日

「個人会員制度」を活用した会員増強の取組事例を発表!

 

3月4日、市町村老連等の役職員30名が参加して「市町村老連会長・事務局会議」が開催されました。

会議では「個人会員制度」を活用して、会員増強に取り組んでいる連合会(久御山町、福知山市、長岡京市)から、それぞれ取組事例が発表されました。

「個人会員制度」とは、クラブのない地区や解散してしまった地域の高齢者を対象に、個人でも連合会主催の研修会やスポーツ大会等の行事に参加できるしくみです。

府老連では、会員減少に歯止めのかからないなか、今回の発表をきっかけに、多様な加入促進の取り組みが広がっていくことを期待しています。

 

 福知山市「自由クラブ」の取組事例

居住地に単位クラブが無い人の受皿となる「自由クラブ」を、令和2年度に本部直轄で設置し、市老連の行事や活動に自由に参加できる制度です。

「自由クラブ」への加入をきっかけに、地域の単位クラブにも加入するケースも多く、クラブ加入の入口を複線化することで、会員増にもつながっています。

また、「自由クラブ」に参加することで行事への参加はもとより、事業運営の「サポーター」としても活躍いただいています。

各地域の「単位クラブ」と、市内全域を対象とした「自由クラブ」の複線のルートで、加入促進を図るとともに、事務局機能の拡充にもつながっています。

 

 長岡京市「セーブクラブ」の取組事例 

単位クラブのない地域の人の活動の場を提供するため、「セーブクラブ」と名付けて、第1から第4までの4つのクラブが活動しています。

10年前から、①市老連のサークル活動に参加したい人、②スポーツ等の大会に参加したい人、③クラブを復活させたい人など、目的別に市老連が順次募集し、現在、それぞれ30名前後の人数で活動を行っています。

本部から役員を派遣するなど、市老連が支援してきましたが、今では代表者を選出するなど組織体制を整え、いずれのクラブも自主的に運営されています。

    福知山市老連 松本事務局長      やすらぎクラブ長岡京 乕若事務局長


PDFファイル:「個人会員制度」の比較(資料)