2021年7月27日火曜日

7月21日「市町村老連リーダー研修会」を開催しました

  721日(水)にハートピア京都で開催し、19市町老連から85名が参加しました。

当日は、府老連橋本会長のあいさつの後、「特殊詐欺の被害にあわないために」と題して、京都府警本部生活安全課犯罪抑止対策室の谷村彰裕室長補佐から講義をいただきました。令和2年中の特殊詐欺の被害者202人の85%を高齢者が占めるなど、依然として深刻な状況が続いている現状が報告され、キャッシュカードや通帳の暗唱番号は、「絶対に教えない!渡さない!」よう、注意を呼びかけられました。


続いて、「目指そう生涯現役 ~老人クラブへの期待~ 」と題して、mottoひょうご事務局長の栗木剛先生から楽しく元気のでるお話をいただきました。

「まず自分自身が活動を楽しむ」ことが会員増強につながることなど、これからの活動のあり方をお話されました。

最後に、府老連の森口副会長から挨拶があり、研修会を終了しました。


2021年7月20日火曜日

「府老連きょうと」令和3年7月号を発行しました

 「府老連きょうと」令和3年7月号を発行しました。

ホームページの「広報誌 府老連きょうと」にも掲載しましたので、ぜひご覧ください!




2021年1月18日月曜日

「緊急事態宣言」の再発令に伴う老人クラブ活動について(お願い)

平素より老人クラブ活動にご理解とご協力を賜り、感謝申し上げます。

本年もどうかよろしくお願いいたします。


新型コロナウィルス感染症の感染拡大のため、17日に「緊急事態宣言」が再発令されましたが、京都府を含む7府県が113日に対象地域に追加されました。(期間は1月14日から2月7日まで)


府老連としましては、昨年4月の1回目の緊急事態宣言発令以降、高齢者はハイリスクであることから「密をまねく活動」については自粛(活動するリスクの回避)する一方、活動自粛に伴って生活不活発化のリスクが高まらないよう「健康づくりや見守り等」は実施(活動しないリスクの回避)をしてまいりました。

しかしながら、この度の再発令を受けて、期間中は「密を伴う屋内の活動等」は当面自粛せざるを得ないものと考えております。

宣言発令中(1月14日から2月7日まで)の府老連としての基本認識及び会議等の対応を下記PDFファイルのとおりお示ししますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

PDFファイル

「緊急事態宣言」の再発令に伴う老人クラブ活動について(お願い)

2021年1月15日金曜日

京都府に「緊急事態宣言」が再発令されました

新型コロナウィルス感染症の感染拡大のため、首都圏1都3県に17日「緊急事態宣言」が再発令されましたが、京都府を含む7府県が113日に対象地域に追加されました。

発令期間は27日(日)までです。


京都府の新型コロナウィルス感染症に関する情報については

こちら(京都府ホームページ)をご覧ください。

2021年1月14日木曜日

「府老連きょうと」令和3年1月号を発行しました

「府老連きょうと」令和31月号を発行しました。

ホームページの「広報誌 府老連きょうと」にも掲載いたしましたので、ぜひご覧ください。


2021年1月4日 新年のごあいさつ

 




(一財)京都府老人クラブ連合会

会長  橋本 俊次



新年あけましておめでとうございます

会員の皆様には、健やかに新春をお迎えになられたこととお喜び申し上げます。

 日頃から、本会の運営にご理解とご協力をいただいておりますことに、厚くお礼申し上げます。

さて令和2年度は、新型コロナウィルスの感染拡大により、各市町村におかれましては、各種行事が中止されるなど、様々な活動が自粛されてきました。

当府老連におきましても、会員皆様の安全確保のため、会議や諸行事を中止・縮小してまいりましたが、緊急事態宣言の解除後は、感染防止に工夫を凝らしながら、徐々に活動を再開してきたところです。

コロナ禍の中で、このまま外出を控え家に閉じこもってばかりいますと、心身に様々な悪影響を及ぼし、「フレイル」を進行させることにもなります。このような時こそ、お互いに励まし合い、3密(密閉・密集・密接)を避けながら、仲間とともに運動をしたり、ワイワイとお喋りできる「老人クラブ活動」は、ますます重要になってきます。

人と人とのかかわりをなくしては社会は成り立ちませんし、私たち老人クラブ活動にとって「人とのふれあい」こそが本来の使命であります。会員の皆さまには、新型コロナに向き合いながら、国が示しています「新しい生活様式」の実践に向け、「三密」を避ける行動の徹底や、手洗い・うがいなどに十分留意をされ、今後の活動に取り組んでいただきたいと思います。

府老連としましては、このような緊急事態の中で活動を停滞させるのではなく、高齢者が有する豊富な知識・経験を活かし、地域の団体と協働して、健康づくりをはじめ、地域を豊かにする社会活動に取り組んでまいります。また、老人クラブの魅力を改めてアピールし、多くの高齢者に加入していただけるよう、会員増強運動に取り組んでまいりますので、引き続きご協力よろしくお願いします。

最後になりましたが、新型コロナの一日も早い収束と、会員皆様のご健康を心からお祈り申し上げ、新年のごあいさつといたします。

2020年12月4日金曜日

12月3日 若手リーダー研修会を開催しました

 12月3日、ハートピア京都において「若手リーダー研修会 ~講演会・ニュースポーツ体験~」を開催しました。若手委員をはじめ46名が参加して、ニュースポーツを楽しみました。


当初70名を超える参加申込がありましたが、新型コロナが府内全域で拡大している状況から参加人数を縮小しての開催となりました。

まず、武藤若手委員長から「コロナ禍の中、フレイル(虚弱)にならないよう、ニュースポーツで運動不足を解消しましょう」とあいさつ。

講演では、大道芸人たっきゅうさんから「笑いと健康」についてのお話がありました。

大道芸の技がきまる度に歓声があがるなど、終始笑いに包まれる講演となりました。

   


続いてフレンドリー情報センターの西尾和久氏から「コロナ禍でも楽しめるニュースポーツ」として、4つの種目が紹介されました。

説明の後、4班に分かれて各ゲームを行いましたが、マスクをしての熱戦が繰り広げられ、歓声の中、あっという間に一時間が過ぎました。